· 

包丁の研ぎ方は、こちらです。

築地包丁・観光案内人の坂本貴男です。

築地有次の店長さんに聞いてきました。包丁の研ぎ方について紹介します。ここから有次さんの解説です。

研ぐ前に砥石は、水分を充分含ませ、平らに固定させて下さい。

 

▲包丁の研ぎ方です (写真 おすすめ 包丁)


和包丁の場合、砥石に刃を手前にして当て、表は包丁の刃の角度に合わせて10回位、裏は真平に当て3回位の割合で、何度か繰り返して研ぎ、仕上げます。和包丁は、柳、出刃包丁になります。

洋包丁の場合、砥石に刃を手前にして当て、角度を15度位いにして、包丁の中間あたりを押さえ、あまり力を入れず、切先から順次刃元まで研ぎます。時々、砥石に水をかけ、表面をしめらせながら表を10回位裏を3回位の割合で何度か繰り返して研ぎ、仕上げます。洋包丁は、牛刀、ペティナイフになります。

 

▲有次の包丁は、全て研いだ状態で提供します (写真 おすすめ 包丁)


研ぎ方がわかれば、サビから包丁を守ることができます。

お気に入りの包丁を大事に使いたいですね。

こちらで、研いだ築地有次の包丁をご覧頂けます。